新着情報

  • 全店

【ハーレー2015年モデル】FXDL(ダイナ・ローライダー)デビュー!
[ 2014/10/02 ]

こんにちは、バルコムの吉田です。

1977年にその名を轟かせた名車ローライダー
往年のスタイルをブラッシュアップして待望の復活!

FXDL1

新型のLow Riderは、初期モデルを彷彿とさせるカスタムテイスト溢れる1台
そのアイコンを余すことなく復刻、世界中のファンが待ち望んだ 王道のスタイルで帰ってきました。

FXDL2

スプリット5スポークキャストアルミニウムホイール & ダブルディスクブレーキ

大排気量FLシリーズとXLシリーズの走行性能を組み合わせることが 伝説のはじまり
2015年モデルとして復活した今もなお、その片鱗を感じさせる仕様が施されています。

WDISC

スピードメーター/タコメーター 縦置き2連メーター

38年間の歴史で変わらずに受け継がれてきた2連メーターのスタイルと視認性のよさ
バイクに跨ると見えてくる風景こそ ローライダーであることを主張する特徴的なアイコン !

METER

“HARLEY-DAVIDSON logo”

まるでピンストライパーに描かれたようなタンクロゴにも古きよき70年代を感じます。
1978年モデルではAMFロゴも入っていましたが、2015年モデルでは H-D only
歴史を知るとハーレーがもっと面白くなる!このあたりのお話はまたの機会に…

LOGO

アジャスタブルライザーを装備!

前後に60.9mm 移動粋を設けることでライダーに合わせたポジション変更が可能
いままでは部品交換などでポジションを変更をしていましたので嬉しい改良点です。

RISER

アイブロウ付ヘッドライトを装備!

ローライダーファン待望ヘッドライトバイザーが復活しました。2006年モデル以降では
ヘッドライトの取付方 変更にともないバイザーのないスタイルが主流となっていましたが、
根強いファンにむけたオプションパーツとして密かに発売されていたヘッドライトバイザー
ローライダーのアイデンティティを主張する、こうした細かな点も見逃さず復刻されました。

BIZER

機能的でスタイリッシュ。ガスキャップに嬉しいロック機能が追加されました。
Bar&Shieldロゴ入りでハーレーダビッドソンブランドを感じさせる仕上がり(2015YM標準)。

CAP

イグニッションシステムも一新されました。
FXソフテイルシリーズに採用される機能性とデザインを両立したスタイルです。

IGINITION

往年のスタイルを彷彿とさせる タックロールシート

ハーレーダビッドソンは長きに渡る耐久ロングランテスト走行が繰り返されます。
単なるデザインだけにとどまらず、大陸の乗り物であることを感じさせる座り心地!

SEAT1

アジャスタブルシートを装備!

着脱可能なランバーパッドにより前後に38.1mmの調整が可能。
NEWハンドルライザーと組み合わせると最大99mmのポジション調整を実現しました。
ローライダーのデザインを損なうことなくポジションを自由に変更出来る嬉しい機能です。

SEAT2

リアフェンダーストラットカバーにはリンクルブラックのアクセント!
細かな点ですが、これも1977年の初代ローライダーを彷彿とさせる重要なファクター
カスタムテイスト溢れる細部へのこだわり1点1点が全体の仕上がりを大きく左右します。

FENDERTRIM

2 into 1 ハイフローエキゾースト !

“ローライダーといえば2in1” 世界中のファンが待ち望んだエキゾーストスタイルを採用
製造コストを考えれば他ダイナモデルと同じくテーパードマフラー装着でよさそうですが
これぞハーレーダビッドソンの心意気。多くのファンを惹きつける理由がここにあります。

2in1

“LOW RIDER”

バッテリーボックスに刻み込まれた刻印が、ローライダーのアイデンティティを主張
王道という言葉がよく似合う、歴史に裏づけされた唯一無二の存在を漂わせています。

BATTERYBOX

” Low & Long ”

アイブロウ付きヘッドライトから始まり、低いシートへと流れるラインが描き出す、
その名の通りのロースタイル。細部まで創りこまれたカスタムスタイルを実現しました。

FXDL3

FXDL LOW RIDER
車両本体価格 2,090,000円~2,160,000円

NOW ON SALE!

FXDL4

The Low Rider® model is back with some authentic ’70s style
                        made badder and bolder for the modern day.

どんなに時代が移り変わっても本質がブレないのがハーレーらしさ、

歴史と伝統、そしてライダーひとりひとりの声を反映させた製品開発

“ローライダー復活!”

ぜひショウルームでその姿をご覧ください。

201408
HDバルコム  吉田 乗

ページの先頭に戻る