【MILWAUKEE-EIGHT ミルウォーキーエイトエンジン徹底解明!!】エンジンの進化にて感じるHarley-Davidson!!

おはようございます。バルコム広島の福原です!!
毎日暑い日が続きますが、体調崩したりしておりませんか?

暑い日に少しアイスでも食べながらハーレー研究してみませんか?

・・・という事で、

 

今回は2017年モデルからツーリングモデルに搭載された

新型エンジンMILWAUKEE-EIGHT(ミルウォーキーエイトエンジン)に迫ります!!
無題

2017年モデル登場と共に新開発されたMILWAUKEE-EIGHTはハーレー9代目エンジンです!!
無題

伝統の45度Vツインエンジンは脈々と続きステップアップとレベルアップが図られた
新型エンジンは史上最もパワフルなエンジンとなっております。

1999年から現在まで続いた
無題
TWINCAM(ツインカム)エンジンはハイスピードクルージングをこなせる性能と、
排ガスのクリーン化など
環境を守ろうという世の中の動きに対応したパイスペックエンジンです!!

排気量も
88キュービックインチ(1449cc)96キュービックインチ(1584cc)103キュービックインチ(1689cc)
と、
3度の変更が行われた事が特徴です。

 

で・・・結局何がどうか変わったの??

MILWAUKEE-EIGHTエンジンの大きな変更点は4つ!!
・4バルブ化にて吸気&燃焼効率向上
・ツインプラグ化にて完全燃焼
・シングルカムにてシンプル化
・バランサーを搭載して心地のいい鼓動感

 では、一つずつ確認してみましょう!!

4バルブ化にて吸気&燃焼効率向上
無題

2つあるバルブによって浅いリフト量(少しの動き)でも効率よく大量の混合気を吸気可能となりました。

部品にかかるフリクション(摩擦)が減少して、負担が増える高回転域でも確実に仕事をこなしてくれます。

よりパワフルさを感じ取る事が出来る事でしょう。

 

ツインプラグ化にて完全燃焼
無題

シングルプラグと比べて広範囲のガスを効率よく、素早く燃焼することにより
完全燃焼でき排気がクリーンになります。

また燃え広がる速度も速くなるという事で、ピストンの押し出す力も強くなります。

MILWAUKEE-EIGHTエンジンの特徴である850rpmでのアイドリングの安定と
トルクフルな走りに貢献します。

 

シングルカムにてシンプル化

旧くはナックルヘッド時代から引き継がれてきたシングルカム方式に切り替わりました。

今までのツインカムは高回転・高出力化を実現する為に採用されておりました。

今回シングルカムに戻ったのは高回転型でない新エンジンのキャラクターや

シンプル化によるノイズ軽減などよりハーレーらしさを感じてもらいたい為の進化かもしれません。

 

バランサーを搭載して心地のいい鼓動感
maxresdefault

高回転まで回せば回すほど、振動が増えて心地よさから不快に変わる振動・・・

MILWAUKEE-EIGHTにはシングルバランサーを搭載しております。Twincamのバランサーとは違います!!

エンジンの心地いい振動だけを残すことを目指して約75%の振動軽減に留めております。

バランサー付くと振動無くなって面白くないよねって言われる方こそ体験頂きたいところですね!!

 

ここまでで・・・

MILWAUKEE-EIGHTはトルクフルな走りが楽しめるエンジンという事が伝わりましたか?

TwinCamはハイスピードクルージングを可能にしたハイスペックエンジンという事も・・・

 

今ならMILWAUKEE-EIGHTエンジン・TwinCamエンジンをチョイスしてハーレーを選べるチャンスです!!
ツーリングモデルにてMILWAUKEE-EIGHTのトルクフルな走りでドコドコと長距離を走るも良し。
ダイナモデルなどTwincamエンジンにてハイスピードクルーザーカスタムでバイクを作るも良し。

 バルコム広島にはTwincamからMILWAUKEE-EIGHTまで取り揃えております。

ぜひとも見て・触って・跨って・エンジンかけて・走り出してみてください。
エンジンの進化を体で感じてこそ、それぞれの良さが伝わります。

 【TOUCH!! FEEL!! RIDE!!】

いつでも、お待ちしております!!

DSC_0204-001
HD広島 福原智和

 

ハーレーダビッドソンバルコム広島

住所/広島市安佐南区西原4-26-7

営業時間/10:00~19:00

定休日/火曜日(祝祭日はのぞく)

連絡先/082-871-4180

https://harley.balcom.jp/