スリップサインについて

皆さんこんにちは

ハーレーダビッドソンバルコム岡山

メカニックの藤田です。

今回はタイヤのスリップサインについて説明します。

スリップサインとは、残り溝の深さ0.8mmを示す目安です。(四輪は1.6mm)
タイヤがすり減ると溝がなくなり、スリップサインが出ます。
タイヤの摩耗による使用限度は残り溝深さが0.8mm以上と決められています。
スリップサインが1箇所でも出ると使用してはいけないことが法律で定められています。

タイヤ側面より確認するとまだまだ溝が有るように見えます

よく使用するタイヤ中心部は側面側に比べると早く摩耗する事が多いです

スリップサインを探す時はタイヤ側面に有るこの矢印マークを探して下さい

矢印箇所の先の溝にスリップサインが有ります。

段差無く面になっていると0.8mm以下車検非対応となりますのでご注意下さい。

タイヤ溝が無くても走行出来ると思いますが、溝は路面が濡れている際にタイヤと路面の間の

水を捌かしタイヤをグリップさせる為に存在するのでとても重要なものなのです

これから梅雨の時期ご自分のバイクのタイヤを点検してみてはいかがでしょうか?

メカニックの藤田でした。