ハーレーの簡単!?取り回し講座
クリックして拡大

 

憧れのハーレーを手にする前に、このサイトをご覧になる方も多いと思います。
少しづつ、悩みを解消し、夢のハーレーライフを迎えましょう。

しばしば「鉄馬」と呼ばれる乗り物、ハーレーは、その通り車体の多くに【鉄】が採用されています。

はっきり言って重い。それは紛れもない事実です。

でも、あの大柄で重いハーレーを少しでも簡単に扱うことができれば、その不安の一つを解消できませんか?
本日は、FLHTKL(ウルトラリミテッドロー)を使った取り回しのコツをご紹介します。

 

1.ハーレー取り回しのコツ

確かに大柄で車重も相当なものです。
腕力だけでホールドするのはとても大変です、というよりは危険です。

しかし、前進も後退でも、力を入れる場所や支え方のコツだけで簡単に移動できるようになります。

次項では早速【前進】のコツを紹介します。

2.ハーレー取り回し 前進篇

低重心であることから、直立の際のバランスは比較的良いとされるハーレーですが、

前進の場合、車重バランスをハンドルだけで取ろうとするとある一定以上の角度で一気にバランスが破綻します。

ライダー側に傾くならまだしも、反対側に傾いてしまった瞬間に

    orz

↑こうなってしまうワケです。

 

2−1.まずはスタンドを上げる

第一関門と言えばそうかもしれませんが、スタンドを上げます。その際 

   

 

 

 

 

ハンドルを進行方向(もしくは少し右側)にしっかり切る

ことで、車体を起こすことが少し楽になります。
起こすことができましたら、スタンドを上げる前にハンドルを直進方向へ戻します。

そして、足を使って優しくスタンドを上げます。

 

2−2.タンク部分に腰を軽く添える

 

 

 

 

 

右手・左手・右腰の三点で車体を支えるイメージ

そうすることで、車体は若干ライダー寄りに傾きますが、低重心が相まって体には大きな負担になりません。

 

2-3.体全体を使って優しく押し出す

 

 

 

 

 

腕力だけに頼らず、若干ライダー側に傾ける意識を持っておくだけで簡単に車体を前に動かすことができます。

 

3.ハーレーの取り回し、後退篇

前進に比べると少し難易度は上がりますが、無理せずカッコ良く

取り回すためには必須のテクニックです。

3-1.しっかり左脇を締める

前進時と同様ですが、ハンドルだけで車重をホールドしようとすると、どうしても限界が訪れます。

ポイントは左腕。

 

 

 

 

脇をしっかり閉めて

肘もガッチリロック

この状態を基本に、舵取りを行います。

 

3−2.シートに右手を添えます

 

 

 

 

 

右腕はシート後方に添えます。後退のための支点となります。

この時も、若干ライダーよりに車体を傾かせることで、反対側への転倒に対する
不安が解消されます。

 

3−3.ゆっくりと後方へ重心を移動させます

 

 

 

 

 

このようにスマートに車体を移動させることができます。

 

いかがでしょうか。
これからハーレーにお乗りになる方も、オーナーの方も。

ちょっとしたコツで取り回しがラクになるかもしれません。

今回ご紹介のテクニックは、

ハーレーダビッドソンバルコム 公式YouTubeチャンネル

西原鉄馬放送局 -4.26.7MHz-

で紹介していますのでぜひ視聴とチャンネル登録を宜しくお願いします。